人がいる、人がつながる、長屋のような経堂の街がある

2018.2.8

【台湾地震チャリティーイベント@経堂】

イベント情報+コラム経堂系シェアリング

【台湾地震チャリティーイベント@経堂】
2年前の2月22日+23日は、
台湾地震チャリティー寄席
『我們愛台湾! 台湾チャリティー寄席 in 経堂さばのゆ』
を開催しました。

集まった寄付金100.800円は、
寄席囃子の恩田えりさんが
台北駐日経済文化代表処に届けてくれました。

今回は、応援第一弾として、
缶詰博士・黒川勇人さん絶賛の「漢方三元豚大和煮」缶を
木の屋石巻水産さんからご提供いただき、
通常960円の高級缶を500円で販売。
全額義援金といたします。

販売開始は、サバ☆スタンドから。
営業スケジュールは、こちらをご確認くださいませ。

さっそく、ラーメン「まことや」さんが
1ケース24缶を引き受けてくれました。
木の屋石巻水産さんから無償提供の
「漢方三元豚大和煮」缶、
通常960円を500円で販売。
全額義援金になります。
「まことや」さんで温かいラーメンを食べて、
缶詰ゲットは、いかがでしょうか?

ハッシュタグは、こちら!
  ↓
 #木の屋台湾応援

寒い季節は、とん汁ラーメンも♬

まことやラーメン博物館です。

その他、チャリティーライブなどの予定、
経堂での応援の広がりについては、
決まり次第、ご報告いたします。

須田泰成

須田泰成

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。
最新刊は、木の屋石巻水産の復興ノンフィクション本『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda

関連記事

    現在該当する記事がありません。