人がいる、人がつながる、長屋のような経堂の街がある

2018.7.13

森木ペーパーさんと被災エリアの和紙産地の応援開始。

西日本豪雨被災地応援

1925年、横浜にて創業。
全国各地の様々な和紙を取扱い、和紙輸出商社として世界にも和紙を供給、
バチカンをはじめとした修道院のフレスコ画など文化財の修復や、
デヴィッド・リンチ氏はじめ、アーティストの要望にも応える森木ペーパーさん。


写真は、代表の森木貴男さん。

さばのゆともご縁があり、ここ数年、交流させていただいております。

森木ペーパーさんについて、詳しくは、こちらの記事(拙文)
「デヴィッド・リンチ監督も愛用!驚きの和紙の話」(日経BPカンパネラ)をご覧ください。

今回の西日本豪雨災害では、ダムの放流によって堤防が決壊した
愛媛県西予市野村町の大洲和紙、京都府綾部市の黒谷和紙の産地などが被災。

森木ペーパーさんと被災エリアの和紙産地の応援をということになり、
大洲和紙の定番・仙貨紙という小判の紙、京都の黒谷和紙をお送りいただきました。

経堂のモノづくりスポットまだん陶房さんにて、
これらの和紙で装飾された募金箱づくりをします。

完成した募金箱は経堂の各店舗に置かれる予定。
詳細は、更新いたします。

須田泰成

須田泰成

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。
最新刊は、木の屋石巻水産の復興ノンフィクション本『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda

関連記事

    現在該当する記事がありません。