人がいる、人がつながる、長屋のような経堂の街がある

2019.2.11

杉山ひこひこさんの家具と雑貨コントが陶芸教室まだん陶房でシェア営業開始!

経堂系シェアリング

昨年末、建物の老朽化のため、
惜しまれながら一旦休業となった
俳優・杉山ひこひこさんの
雑貨・中古家具コントさんが、
2月から陶芸教室まだん陶房さんに間借り。
〈ちょこっとコント〉として復活することに。
週末のまだん陶房さん、
なんだか賑やかになりそうですよ♫

ちょこっとコント@まだん陶房。
さっそく若い女性のお客さま2名が、
熱いお茶を飲みながら杉山さんと楽しそうに雑貨談義を。
「次は陶芸体験をしてみたいです」という、うれしい言葉も。
杉山さんが「陶芸やって、夜は、きはちさんがおいしいですよ」と、きはちさんの紹介を。
新しいコント、駅が近くなった分、
いろんなお店との良い関わりがじわじわ増えていきそうな予缶が確信に。
土・日・祝、まだん陶房イベントスペースのテーブルでは、ワークショップ、
ガレージセール、小さな古本市など、
こぢんまりしたイベントをやってみたい方も相談に乗っています(無理難題を言わない方)



李先生の陶芸作品も売っています。

座り心地の良い椅子も増えてきました。
座りに行って、お茶を飲むのも楽しい。

藤原さんの遊書は飲食店の棚にあるとかなり良さげです。

☆店主・杉山ひこひこさんからメッセージ
   ↓
なんとなく完成しました
本気と書いてあります!
コントでは今後、お家のお片づけ、不用品の処分のご相談にも対応致します
ぼくの提携業者さんなので真面目な方ですので安心です。お金はかかりますが、困っていたらご相談ください。
ぼくはいつも困っているので
お買取、寄付、贈呈
大歓迎です!
あとフリマしたい、ただそこにいたい
などありましたら
お気軽にご連絡ください
あたらしくなったコントをよろしくお願い申し上げます。

☆懐かしい記事。
  ↓
とんかつ美よしの側にある
ヴィンテージ家具・雑貨「コント」。

椅子・照明・雑貨など。
ヴィンテージ。
オーナーの趣味とセンスで集めた
偏りすぎた抜群の品揃え。

ハートフル農大通りを抜け
横断歩道を渡り
「アスリートのおやつ」を右手に
そのまま30m直進。
丁字路を左折、
東京農大方面へ100m。

青いテントが目印のお店です。

コント

お店の紹介記事はこちら
ジャンル
アンティーク家具・雑貨
住 所
東京都世田谷区宮坂3丁目6−2 まだん陶房内
ホームページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/conte-hiko
電話番号
03-3428-8044
営業時間
週末営業の予定。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

お店の紹介記事はこちら
ジャンル
バル
住 所
東京都世田谷区経堂1-4-11
電話番号
03-6875-9295
営業時間
18:00-23:30

定休 水曜日

酒と味 ソウコウ

お店の紹介記事はこちら
ジャンル
酒場
住 所
東京都世田谷区宮坂3-12-4 ドム経堂
電話番号
03-6323-6098
営業時間
17:00〜23:00

日曜・祝休み

大当たり!

お店の紹介記事はこちら
ジャンル
鉄板焼肉
住 所
東京都世田谷区経堂1-25-19 清照ビル 1F
ホームページ
https://nodaistreet.appspot.com/shop/5754258133614592
電話番号
03-3439-8929
営業時間
定休なし
昼11時30分〜15時(LO14:30)
夜18時〜23時(LO22:30)
昼、夜ともに売り切れ次第閉店

年末年始12月30日から1月3日まで正月休み

八兆

お店の紹介記事はこちら
ジャンル
立ち蕎麦
住 所
東京都世田谷区船橋1丁目9−45
電話番号
03-3425-3956
営業時間
平日7:00~17:30
土曜日9:00〜15:00
定休日 日・祝

コント

お店の紹介記事はこちら
ジャンル
アンティーク家具・雑貨
住 所
東京都世田谷区宮坂3丁目6−2 まだん陶房内
ホームページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/conte-hiko
電話番号
03-3428-8044
営業時間
週末営業の予定。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
須田泰成

須田泰成

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。
最新刊は、木の屋石巻水産の復興ノンフィクション本『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda

関連記事

    現在該当する記事がありません。