人がいる、人がつながる、長屋のような経堂の街がある

2019.2.14

明治屋の缶詰と高知の伝統野菜・入河内大根のコラボ

全国の産地とのコラボ

今週の「さばのゆ」は、
今年で四年目になる明治屋さんの「義理カン」パーティーを2回。
明治屋おいしい缶詰を
経堂のベーカリー老舗ダズンフォーさんのバゲットとあわせお酒が進み会話も弾む夜。
缶詰の汁にバゲットを浸して食べる快楽。
野菜を切って和えるだけでできるサラダもヘルシーでおいしかった。
缶詰博士・黒川さんも来さばで明治屋の開発担当者とものづくりトークが面白かった。





キャラクターの作者ソノベナミコさんも!
あちこちで楽しそうな笑い声が聞こえた夜。
こんな時間を積み重ねていくのはしあわせなことです。

さて、2回目の明治屋「義理カン」パーティーに、
高知の薬膳インストラクター百田さんが、
土佐の入河内(にゅうがうち)大根を送ってくださいました。


入河内大根は、平成18年から保存活動が始まった、高知の伝統野菜。
重たいので収穫や出荷が大変ですが、地域の方が種を守り広げてきました。
野菜の味の力が、いわゆる大根とは全然違う。

なんだこのシャキシャキ感とほのかなたまらない甘さ!

麹料理研究家おのみささんに土佐の入河内(にゅうがうち)大根のサラダを作っていただきました。


レシピは簡単。
少し深めの皿にサニーレタスを敷き、
入河内(にゅうがうち)大根とニンジンを
明治屋おいしい缶詰の「国産真いわしと野菜のトマト煮」とあえたものをのっけるだけ。

入河内(にゅうがうち)大根は、
大根のさわやかな辛味と高級りんごのような甘味が特徴。
「国産真いわしと野菜のトマト煮」との相性は抜群でした。

須田泰成

須田泰成

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。
最新刊は、木の屋石巻水産の復興ノンフィクション本『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda

関連記事

    現在該当する記事がありません。