人がいる、人がつながる、長屋のような経堂の街がある

2019.3.27

通い続けると人生がじわり変わる落語会のはなし

コラム+物語・経堂喧噪論編集長のゆるり経堂日記

先々週、震災前からの常連さんが
「さばのゆと出会って人生が変わった」と、
カウンターでボソッと語るのを聞いた。
そして昨夜は、
15坪の店で小さなイベントを繰り返し、
同じ場所で定期的に続けると、
当初想像もできなかったレベルの
多様で網の目のような人のつながりが生まれ、
さらにその多数の個々のつながりが、
それぞれの結節点から
新たな出会いや交友、様々な豊かさを生む。
そんなことを改めて実感した一日だった。
もうすぐ9年になる「桂吉坊ひとり会」は、
この会をきっかけに
文楽、歌舞伎、日本舞踊、浪曲など、
いろんな古典芸能に興味が広がった人が多い。

それだけでなく、
終演後に顔見知りになり、
一緒に寄席や芝居に行くようになったり、
旅や酒場に行くようになったり、
人の輪も広がった人も多い。
気がついたら経堂の街に顔なじみの店ができ、
それぞれの店のカウンターで知り合った人たちと
さらなる交流が生まれ日々が楽しくなったという人も実に多い。
繰り返し通えば人生が充実するという会。
21世紀に長屋のような人付き合いが息づく
経堂の街のコミュニティのチカラも大きい。
もちろん一流の芸のチカラあってこそ。
この経堂モデルのことを本にまとめたいなー。

須田泰成

須田泰成

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。
最新刊は、木の屋石巻水産の復興ノンフィクション本『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda

関連記事

    現在該当する記事がありません。