人がいる、人がつながる、長屋のような経堂の街がある

2019.5.27

さばのゆで「これからの酒場を考える」カンパネラナイト!開催!

イベント情報+コラム

さばのゆで「これからの酒場を考える」カンパネラナイト!開催!

☆2019年5月のスケジュール

 

☆カンパネラナイト!(5/18〜)

いまから五千年前。
チグリス・ユーフラテス川沿いの古代メソポタミアでは、
ビール造りが盛んで、酒場が賑わっていました。
人は、文明の黎明期から酒場を楽しんでいたのです。
格差が広がり消費が落ち込むニッポンですが、
周囲を見回すと、自分にあった酒場(居場所)を持ち、
上手くストレスを解消し、出会いやつながりを楽しみ、
セレンディピティ(素敵な偶然)に恵まれる人たちは、
仕事もプラーベートも元気だと感じます。
酒場ばなれが語られる昨今ですが、
実は、いまこそ酒場!これから酒場!の時代なのではないでしょうか。

お酒と酒場が主なテーマのWEBサイト「CAMPANELLA(カンパネラ)」(日経BP)では、
さばのゆ店主・須田泰成もライターとして関わり、
「ビアスタンドの縁で結婚した会社員」
「立ち飲みバーのつながりで映画女優になった20代のフリーター女子」
「下戸だけどバーの学びから経営センスを磨いた会社役員」
「酒場に来ないと言われる若い女性で賑わうカウンター」
「地域のつながりと仕事を生む酒場」
さまざまな酒場のおもしろい話を紹介してきました。

いまこそ酒場! これから酒場!

ということで、5/18(土)〜6/17(月)の期間、
イベント酒場・経堂さばのゆに十数回のカンパネラナイトを開催します!

史上最もPVの多かった記事は、こちらの記事も担当しました。
    ↓
「酒場の水問題」、居酒屋で水ばかり頼む人を許せますか?酒場から社会が見える・第1回:可処分所得の減少、ネットの普及…裏に潜むものは?(2015年9月17日)

下記人気コラムとコラボも予定しています。

◇春風亭昇太と黒川勇人の「旬缶クッキング」
【旬缶8】極上の金華さば味噌煮を、極上のごま油で!

◇NHK「プロフェッショナル」に取り上げられた大野浩介さん
「ななつ星」というスターをつくった職人たち〜九州をよみがえらせた豪華列車、その裏で活躍した仕事師たちの物語〜

◇ビール注ぎのカリスマ重富寛さん
結婚と子宝を呼んだ、重富さんの「奇跡のビール」〜ビールで日本を元気にする、広島の「ビール伝道師」の物語 第1回〜

◎5月23日(木) カンパネラナイト+経堂大学 石黒謙吾さん 
「石黒謙吾さんと語る酒場の話とベルギービールの世界」

著述家・編集者・分類王、そして話しの達人、石黒謙吾さんも
「酒場が人生を豊かにしてきた」と語ります。
石黒さんのブログ「イシブログケンゴ」も是非!

19時半スタート/19時開場
チャージ2000円(フード付き)+ドリンクキャッシュオン
         予約:sabanoyu@gmail.com   

カンパネラには、こんな記事も
世界一多様性があるベルギービールの世界

◎5月25日(土) カンパネラナイト+経堂大学  鈴木正晴さん
「日本百貨店・鈴木社長と語る〈これから〉の酒場の話」

19時半スタート/19時開場
チャージ2000円(日本百貨店のおいしいおツマミ付き)+ドリンクキャッシュオン

「日本の良いものを売り地方にお金をまわす」をモットーに活動を続ける
日本百貨店の鈴木社長も「酒場から人生が広がった」といいます。
いまや首都圏だけではなく、沖縄、北九州にまでお店を展開。
アジア、海外も視野に入れる鈴木社長の「これから」のビジョンについて。
ちなみに鈴木さんは、東京駅に「日本百貨店さかば」も経営する酒場オーナーでもあります。

◯日本の良いものを売り地方にお金をまわす  
 〜地域創成モデルのカリスマ、鈴木正晴さん〜
    ↓
◇そのセールストークから、作り手の顔が見える 第1回:日本百貨店代表取締役 鈴木正晴さん

  
◎5月29日(水)  カンパネラナイト 缶詰博士・黒川勇人さんの缶詰酒場

「酒場がなかったら、人生こんなに楽しくなっていなかった」と語る
缶詰博士・黒川勇人さんの登場。
缶詰をメニューに取り入れて盛り上がるお店が全国で増えてそうです。
そんな缶詰酒場トレンドの話も聞ける夜。
もちろんお酒にピッタリな缶詰おつまみも登場します。

「旬缶クッキング」こんな記事などいろいろありました。

①ごぼうくじら
②マテ茶鶏のクスクス
③貝串
④いわしのオムレツ
⑤めんつなバゲット
⑥燻製とろ鮭ハラス&燻製粗挽きチョリソー ※缶詰のママ提供

特別イベントに日本一高価なマルハニチロの「特選タラバガニ脚肉詰」の開缶も!

19時〜21時LO
チャージ2000円(缶詰おつまみいろいろ/お土産も)+ドリンクキャッシュオン
予約:sabanoyu@gmail.com 
(イベントタイトル/日付/連絡先/氏名/人数を明記してください)

◎5月30日(木) カンパネラナイト+スタンダップコメディ ナオユキさん
「ナオユキさんの酒場のスタンダップコメディ!」

「大切なことは全部酒場で教えてもらった。だから酒場に恩返しせなアカンと思てます」
全国の酒場をめぐりライブを行ない客を集め笑わせ盛り上げる。
そんなナオユキさんのジョークで笑えば必ず酒場が愛おしくなる。

19時半スタート/19時開場
チャージ2500円(フード付き)+ドリンクキャッシュオン

☆ナオユキさん
R1ぐらんぷり2011ファイナリスト。
酒場を舞台に繰り広げられる切なくも愛しい酔っ払い達の物語。
唯一無二、孤高のスタンダップコメディショーへようこそ。

カンパネラの記事は、こちら!
      ↓
◇お客さんは「特定中数」、酒場を巡るコメディアンの生き様 〜ナオユキさんが示すSNSとLCC時代のワークスタイル〜

 出張さばのゆ  

◎5月31日(金) カンパネラナイト 土佐のおきゃく@経堂さばのゆ

酒飲みの聖地・高知の楽しい宴会・土佐のおきゃくを経堂で体験できる夜!

こちらの記事を!
商店街が宴会場に!高知の「日本一の大おきゃく」

19時〜ゆるゆるスタート/21時半
チャージ2000円(フード付き)+ドリンクキャッシュオン
高知のフード&日本酒いろいろ!
世界一楽しい(当社比)宴会といえば、土佐のおきゃく!
今宵は経堂さばのゆで!これが高知の素晴らしさ!

これが大おきゃくの盛り上がり!

実は、経堂の街とさばのゆでは、こんな高知イベントが毎年のように!

☆2019年6月のスケジュール

 

☆さばのゆ10周年月間!

◎6月1日(土)  カンパネラナイト+経堂大学
「山根かおりさんに聞く広島の魅力」

生ビールで地域と人を元気にする広島のカリスマビール注ぎ職人・重富寛さんを
紹介してくれた広島エヴァンジェリストの山根さんに聞く広島の魅力。
もちろんビールにあう広島のおつまみも!
らかん茶屋さんからピリっと辛い広島の唐揚げも!

重富さんの記事はこちら!
結婚と子宝を呼んだ、重富さんの「奇跡のビール」ビールで日本を元気にする、広島の「ビール伝道師」の物語 第1回

講義スタート 19時半〜(開場19時) 終演後 懇親会21時頃まで。
チャージ2000円(広島のおつまみ付き)+ドリンクキャッシュオン 
予約:sabanoyu@gmail.com 
(イベントタイトル/日付/連絡先/氏名/人数を明記してください)

◎6月2日(日)   カンパネラナイト 551蓬萊豚まん&シウマイ酒場

18時〜20時LO
チャージ1500円(551おつまみ付き)+ドリンクキャッシュオン 
予約:sabanoyu@gmail.com 
(イベントタイトル/日付/連絡先/氏名/人数を明記してください)

551蓬萊豚まんの記事はこちら!
   ↓
1日14万5000個!551蓬莱の豚まん、手仕事がつくる味の秘密永遠の定番弁当は、実は最高のお酒のツマミ:番外編

◎6月5日(水)  カンパネラナイト+経堂大学
「青山志穂さんに聞く〈塩の楽しみ方、生産者さんの魅力〉の話」vol.2

多種多様な塩の世界。
お酒にあう塩も驚くほどのバリエーション。
塩の専門家・青山志穂さんに塩の深い話を聞きながら飲みましょう。

こんな記事!
塩の専門家に聞く「酒と塩のマリアージュ」

講義スタート 19時半〜(開場19時) 終演後 懇親会21時頃まで。
いろんな塩の試しなめもできます。

チャージ2000円(おツマミ付き)+ドリンクキャッシュオン 
予約:sabanoyu@gmail.com 
(イベントタイトル/日付/連絡先/氏名/人数を明記してください)

☆青山志穂(Shiho Aoyama)
一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会 代表理事
株式会社パラダイスプラン 執行役員(非常勤)
中小企業庁ミラサポ認定専門家
沖縄県商工会連合会認定エキスパート

昭和52年(1977年)生まれ、東京都中央区出身。沖縄県在住10年目。
料理好きの母の下、幼少の頃から様々な国の料理を食べて育ち、
食べるの大好き!な食いしん坊に育つ。
大学時代に上海の復旦大学に交換留学で渡り、
中華料理を存分に堪能しながら中国語を学ぶ。
慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、カゴメ株式会社に入社。
営業や、トマト製品およびパスタソースのマーケティング・商品開発に携わる。
2007年に退社し、沖縄に移住。
2008年に沖縄の塩の専門店「塩屋」入社。
数年をかけて日本初のソルトソムリエ制度(社内資格制度)を立ち上げる。
教本づくりや社内資格制度の運営体制の設立のほか、
スタッフトレーニングや人材採用・育成、商品開発、広告宣伝の責任者を務める。
2012年に、一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会を設立し、独立。
現在は、全国各地を飛び回りながら、
講演活動やメディア出演など、塩の魅力を広く伝えている。
代表著作に「日本と世界の塩の図鑑」(あさ出版)、
「塩図鑑」(東京書籍)、「琉球塩手帖」(ボーダーインク)
塩の楽しみ方はもちろん、魅力あふれる生産者さんたちのことを
もっと多くの人に知ってほしいという気持ちが私のガソリンとなり、あちこち動き回っています。

◎6月6日(木) カンパネラナイト+経堂大学
広島「ビールスタンド重富」重富寛さんのビールナイト!
あの結婚と子宝を呼んだ、重富さんの「奇跡のビール」の注ぎ方。

19時開始(18時半開場)21時半まで
講義1時間+交流会1時間半
チャージ2000円(講義+ビール1杯+おツマミ) 
講義後のビールの追加は 1杯600円

※奇跡のビールを飲みたい方は会場でペアになっていただきます。

予約制→ sabanoyu@gmail.com 
(イベントタイトル/お名前/連絡先/人数を明記してください)

ビールが苦手な彼女と、ビールが大好きな彼氏が
一緒においしく飲めるビールを注ぎ分けて特別な時間を作った「カンパネラ」の記事
「結婚と子宝を呼んだ、重富さんの『奇跡のビール』
ビールで日本を元気にする、広島の「ビール伝道師」の物語」が話題となった
広島「ビールスタンド重富」重富寛さんのカンパネラナイト!
奇跡のビールの缶ビールでの実演も行ないます。


左が、彼氏の生ビール。炭酸と苦味が強いビールの上に、
苦味の強い泡がのったタイプ。パンチの強いドイツビールを思わせる味わいと喉ごし。
これは、ビール好きにはたまらない。

右が、彼女のビール。時間をかけて置いている間に、炭酸と低温、
そして苦みによって隠されていた麦芽の甘みが感じられるようになり、
フルーティーな飲み口に。これなら、ビール嫌いにも飲めてしまう。

記事はこちら。
「結婚と子宝を呼んだ、重富さんの『奇跡のビール』ビールで日本を元気にする、広島の「ビール伝道師」の物語」

◎6月13日(木)  カンパネラナイト 崎陽軒シウマイ弁当 酒場 (崎陽軒公認イベント)

みんな大好きシウマイ弁当!
「マチノミ」編集長 岡部敬史さんも来さば。豪華ゲスト続々。
シウマイ弁当やシウマイなどをツマミに飲み語るコの字型カウンター。

19時オープン/21時LO
チャージ(1500円)+ドリンクキャッシュオン
予約:sabanoyu@gmail.com

記事はこちら。
   ↓
崎陽軒のシウマイ弁当は、酒肴のフルコース!永遠の定番弁当は、実は最高の酒肴:Part1

◎6月14日(金)  カンパネラナイト!
「カンパネラ」人気コラムの書き手であり、酒場の達人、
関橋英作さんと鈴木麻友美さんを迎える夜。
関橋さんの出身地・青森県八戸市からおいしい日本酒と肴を取り寄せ、
本と缶詰で囲まれた「さばのゆ」で大人のカウンターカルチャーをお楽しみいただきます。
19時オープン/21時LO
おツマミチャージ(2000円)+ドリンクキャッシュオン
予約:sabanoyu@gmail.com

◎6月15日(土)  カンパネラナイト+経堂大学 

木の屋のゲスト1名の体調不良により内容少し変更しました。

木の屋石巻水産とさばのゆ。
知り合って10年目の缶系について語る。

おいしいものだけを作る木の屋と
おもしろいことだけをする経堂さばのゆ。
知り合ってから10年目に突入しています。
木の屋の松友さんと
さばのゆ店主・須田泰成のトークショー。
おいしいものだけを売るスーパーの話もいたします。

「教えてもらう前と後」(MBS)で
2019ご飯のおかず大賞に輝いた
「みがきにしん甘露煮」も登場!

19時開講(18時半開場)
チャージ2000円(缶詰手巻き寿司付き)
+ドリンクキャッシュオン
予約:sabanoyu@gmail.com 

お酒にピッタリのこんなレシピ記事!
春風亭昇太と黒川勇人の「旬缶クッキング」【旬缶8】極上の金華さば味噌煮を、極上のごま油で!

◎6月17日(月)  カンパネラナイト!
かつて「カンパネラ」で話題を呼んだコラム「元CA・クララの日記」筆者の駒崎クララさん。
起業家として活躍中のクララさんを囲んだ“カンパネラ同窓会”の夜。
CA推しな旅行スポット・女性が働くこと・幼少期のヨット旅など、
数々の記事の思い出話を肴に、ゆるりと優しく盛り上がりましょう。
19時オープン/21時LO
フードチャージ1500円+ドリンクキャッシュオン
予約:sabanoyu@gmail.com 
(イベントタイトル/日付/連絡先/氏名/人数を明記してください)

須田泰成

須田泰成

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。
最新刊は、木の屋石巻水産の復興ノンフィクション本『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda

関連記事

    現在該当する記事がありません。