人がいる、人がつながる、長屋のような経堂の街がある

2019.10.13

台風19号の被災地応援。信州にはソウルフードの「ビタミンちくわ」を経堂「さばのゆ」から。

経堂系シェアリング

台風19号の被害状況は甚大で、大変な救出や復旧活動が続く。
まだ知られていない被害もたくさんあるに違いない。

さばのゆメールにも「何か具体的にできることがないか?」
という連絡が相次いでいる。
避難所から自宅に帰れない人は、かなりの数に上るだろうし、
これから避難する人もいるだろう。

午前中、具体的に応援の力を持つ方々の情報を整理しつつ、や
りとりしていると、避難の間は特に
「なるべく、いつも食べているようなものが良いのでは?」ということで一致。
千曲川が決壊した信州は
「信州人のソウルフードと呼ばれ、老若男女誰もが長年馴染んでいるビタミンちくわ、
消費量が全国トップクラスのサバ缶なのでは」という話になるが、
偶然、「ビタミンちくわ」は、
「きはち」さんの雑炊や「八兆」さんのカニカマ天そばなど、
経堂の個人店のメニューにもなっている元祖カニカマメーカー、
石川県七尾市のスギヨさんの製品だったりする。

もちろんサバ缶も。
「海なし県」信州では、水産加工品は県外製品なんですね。

いろんなつながりがある有り難さ。

「ビタミンちくわ」は、スギヨさんが相談にのってくださることに。

「チャリティーライブとか気軽に声をかけて」という師匠やベテランの役者さん、
アーティストさんもからも連絡があり、
どう進めるのが良いか、具体的に考えはじめています。

こちらは、「きはち」さんの雑炊や「八兆」さんのカニカマ天そば。


常日頃からつながっているというのが、
地味だけど大切なことなのだと実感しています。

須田泰成

須田泰成

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。
最新刊は、木の屋石巻水産の復興ノンフィクション本『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda

関連記事

    現在該当する記事がありません。