人がいる、人がつながる、長屋のような経堂の街がある

経堂系ドットコムについて

経堂系ドットコムが応援したいのは、
経堂にあるいい感じの個人店や、
お店に集まる経堂が好きな人たちのつながり、
そこから生まれる会話や文化です。

経堂近辺に長く住んだ日本のサブ・カルチャーの元祖、
故・植草甚一氏は、このエリアを「飽きずにブラつける街」と評しました。

サスペンスの神様ヒッチコックや喜劇王ハロルド・ロイドとも親交があり、
ニューヨークの裏町なら 路地まで精通、
ジャズの大御所ソニー・ロリンズを連れて銀座を飲み歩く。
そんな薫り高い人生を満喫した達人JJ氏さえも飽きさせなかった経堂の街。

経堂系ドットコムは、この界隈をいい湯加減で活性化するように、
イベント酒場さばのゆを編集部として、
街の情報発信、イベントプロデュースを行っています。

継続的に行っていることに
経堂に集まる人の力や才能を全国の必要とされるところと共有する
「シェアリング」があります。
全国の自然災害や社会問題の支援、
地域産業の活性化など、様々なことを行っています。。

◎2010年

宮崎県で発生した口蹄疫の被害への支援活動を行いました。

「宮崎県応援CM」松尾貴史さんバージョン

「宮崎県応援CM」西郷輝彦さんバージョン

「宮崎県応援CM」藤山直美さんバージョン

「宮崎県応援CM」前川 清さんバージョン

◎2011年

東日本大震災で被災した、宮城県石巻市の「木の屋石巻水産」の
復興支援活動を行いました。

> 絵本「きぼうのかんづめ」プロジェクト

スクリーンショット 2014-06-19 15.49.29

プロジェクトの経緯は、「NHK 生活情報ブログ」に、
分かりやすくまとめていただいています。

「木の屋石巻水産が復興後初の商品を開発」(NHK)
震災から一ヶ月半頃の、さばのゆを中心とした活動について紹介されています。

東京新聞

高知新聞

◎2012年以降

各種イベントの開催、新商品の開発などを通じて、
木の屋石巻水産と被災地への継続的な支援活動を行っています。

石巻鯨カレー(レシピ監修:松尾貴史)

スクリーンショット 2014-06-23 16.11.56

木の屋石巻水産さんの売上げ復活の記事です。

須田泰成

須田泰成

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda