人がいる、人がつながる、長屋のような経堂の街がある

2020.8.31

グルメの秋「スギヨのカニカマまつり」

全国の産地とのコラボイベント情報+コラム

第2回 経堂_石川県七尾市・スギヨのカニカマ祭り♬
期間:9月1日(火)〜10月22日(木)
カニカマで冬の経堂を盛り上げる!
このカニカマは、カニよりもカニ!
スギヨのカニカマ「香り箱」は、
和・洋・中、何にでもあう、世界で人気のスーパー食材!
タラバガニ天ぷら用も!

グルメの秋、「スギヨのカニカマまつり」を9月1日(火)〜10月22日(木)に開催!

全国の商店街に経堂モデルを発信する世田谷・経堂と
石川県七尾市スギヨのコラボを盛り上げましょう!

9月1日は防災の日。
経堂でもイベントをしてくださっているカニカマハナコさんが
こんな投稿を!

☆やきとん「きはち」さんは、
 天ぷら用タラバカニカマの豚バラ巻き焼きに禁断の蟹味噌トッピング!
 炭火でじっくり旨味ましましの「たらばカニカマ肉巻き」!

上方落語の桂吉坊師匠とソーシャルディスタンス打ち上げ
withカニカマ豚バラ巻き焼きカニ味噌トッピング。



☆千歳船橋の「八兆」さんはカニカマ蕎麦のデパート!

千歳船橋の人気立ち食い蕎麦店「八兆」さんは、
安定の「ズワイカニカマのたぬきそば」。わかめマシ。


自然豊かな地方企業のまじめな商品がある
意味理想の「地域通貨」のようになっている実例。
モーニングとランチの間の時間帯にもお客さまが切れないし、
なかには電車やバスや自転車で離れた街からくる人が少なくないのに驚く。

☆関西手打ちうどん「花坊」さん
蕎麦の「成田屋」なきあと経堂の私的ベスト牛丼といえば、
関西のうどん好きもうなり通い癖になる
関西手打ちうどん「花坊」のランチセットのすき焼き丼しか思い浮かばない。
意外と知られてないのが、こちらの普通のうどんには、
20年以上前からカニカマがトッピングされていること。
カニよりもカニの赤が目と舌と胃を喜ばせてくれるが、
実は今、秋のスペシャメニューを開発中とのこと。

☆タイ料理「パッポン食堂」さんも最高すぎ!


☆居酒屋らかん茶屋さん
経堂最強天ぷらランチのひとつ。
らかん茶屋さんの「天ぷらと刺身」に石川県七尾市のスギヨさんのカニカマ天、
青森市の丸石沼田商店のチクワin筑前煮。
5枚目の米粒アップ写真も是非眺めてほしい。これで税込み880円。




カニカマ出汁巻き

カニカマ天

☆「鳥へい」さん

☆ラーメン「まことや」さん

☆インドカレー&スパイス料理「ガラムマサラ」さん

須田泰成

須田泰成

コメディライター/プロデューサー/著述家/クリエーティブディレクター。2000年、伝説の地域寄席・経堂落語会の代表世話人を勤めた故・栃木要三氏のラーメンからから亭の経営不振を立て直すため、個人飲食店を応援する経堂系ドットコムをスタート。2009年さばのゆオープン、落語、トーク、全国の地域イベント等で知られるように。東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など。
最新刊は、木の屋石巻水産の復興ノンフィクション本『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda

関連記事

    現在該当する記事がありません。